Login rebuilderのURLを忘れたときの対処法/WordPress

悩む男性 WordPress

こんにちはイマクです。ここ数日ブログ更新が滞っており、久しぶりに更新しようと思ったらWordPressにログインできない!!(ノД`)・゜・。

更新用のURLにアクセスしているはずなのになぜかブログのトップページに飛んでログイン画面すら表示されません!

「ワードプレスログインできない」で検索しても解決できそうな記事が出てこない・・試行錯誤の末解決できましたので記録します・・・

filezillaでWordpressのプラグインを調べる

WordPressの不具合でプラグインによるものが多いという記事を散見したのでプラグインを調べることに。

ログインできないのでどうやって調べるかというとFTPソフトを使用します。Wordpressではこういったトラブルが発生したときのためにバックアップを取る目的でFTPソフトを入れておいたほうが良いです。

FTPソフトを簡単に説明するとファイルを転送するソフトのことで、初期設定で自分のブログにアクセスしておくとcssのテーマを編集するときなどにバックアップを取って安全にカスタマイズすることができたりします。

僕は評判のいいfilezillaというFTPソフトを使用してます。FTPソフトやfilezillaについて知りたい方はサルワカさんのサイトがめちゃ分かりやすかったです。

原因は【Login rebuilder】だった!

ということでfilezillaから自分のブログにアクセスして

【ブログ名フォルダ】→【wp-content】→【plugins】フォルダを見つけてアクセス!

するとWordPressに入れてあるプラグインが出てきます。

入れてあるプラグインを見てみると僕も忘れていたものが・・・

そうです。Login rebuilderです!

このプラグインは初期設定だと推測されやすいWordPressのログインURLを変更するプラグインです。ログインアドレスが

「http://○○○.com/wp-login.php」や「http://○○○.com/wp-admin」

だと簡単にログイン画面にたどり着けてしまいます。

もしここで悪意のあるハッカーにログインされてしまうと最悪

サイトが乗っ取られてしまいます!

なのでセキュリティ対策にLogin rebuilderを入れてたんですね。

しかしここで問題が!

Login rebuilderで設定したURLを忘れた・・・orz

filezillaで解決!

原因がLogin rebuilderだということが分かったので再びグーグル先生に問い合わせるとWordPress直下に新たなログインアドレスのPHPファイルが作成されているという事を発見!

filezillaで最初の階層に戻ります。

【plugins】 →【wp-content】→ 【ブログ名フォルダ】

その中に「〇〇〇〇-login.php」を発見!

ブラウザのアドレスバーに「 http://○○○.com/ 〇〇〇〇-login.php 」を入れると!

WordPress Login

無事ログイン画面がでてきました!

これを解決するのに2時間ほどかかりました・・・

こんなことにならないように定期的に記事を書いていかないとだめですね!

それではっ
☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ

タイトルとURLをコピーしました