満開の蜂須賀桜を撮ってきた!

カメラ

皆様こんにちは!ブログ初心者、カメラ初心者のサービス業サラリーマン「イマク」です。世間はお休みの中、絶賛仕事モードの土日ではございますが仕事場の近所にある公園の桜が満開だったので、休憩時間にsony α7sⅡで撮ってきた!前回は夜桜しか撮れなく、休みの日はあいにくの雨だったのでリベンジじゃ!ちなみに撮った桜は蜂須賀桜(ハチスカザクラ)で2~3月に満開を迎える早咲桜。

f値で絞りを開放しボケを演出

蜂須賀桜
蜂須賀桜

上の2枚の写真はf値を1.8のレンズ最小値に、シャッタースピードを1/8000の高速にして撮影。ボケがあるとプロっぽい!とテンション上がりまくりでした!

明るい画を撮影したい!

なんかテキトーに数枚撮ってみて、気づいたことが!

撮ってるときは集中してるので気づかなかったのですが

写真がちょっと暗い・・・

もう少し明るい写真が撮りたいなーと思い説明書と

にらめっこしながらグーグル先生に問い合わせ。

するとISO感度やシャッタースピードの設定で明るさが変わる事が判明!

動く物体を撮るときにはシャッタースピードを速くすればブレずに撮れるので風でなびく桜を撮るときはシャッタースピードを上げて撮ってます。

しかしシャッタースピードを上げると画面は暗くなるので、カメラの感度レベル(ISO)の値を少し上げて撮影してみるといいらしい!

ということでISOを1600まで上げてパシャリッ!

蜂須賀桜

ISO上げると少し明るくなった!(上げすぎるとノイズがのるので注意!)

あまり動かない桜を撮るときにはシャッタースピードを落としてみた

すると

・・・

蜂須賀桜

おおっ!花びらの暗かった部分が明るくなった!

ということで今回学んだ事は ・・・

★写真を明るくする設定はISO感度を上げるかシャッタースピードを落とす事!

それ以外にも露出光の設定とかあるけど、いろいろ撮ってくうちにコツがつかめてくるハズ!撮りたい被写体によって最適な設定を瞬時に判断できるようになったら楽しいだろーなー ( ̄∀ ̄)

おまけ:adobe Lightroom CCでレタッチしてみた

撮った写真を後から加工(レタッチ)できるソフトにadobe社の Lightloom CCがある事は以前から知っていたが実際に使ってみた!

蜂須賀桜

上が加工していない元の写真。これを設定いじって加工すると・・・

蜂須賀桜

コントラストがはっきりした鮮やかな写真に大変身!しかしこんな便利なソフトがあったら写真の腕が上がらない気が・・・撮りの段階でいろいろと考えながら撮影する必要があるなぁ。

Lightroomに関しては慣れてきたら使い方をまとめようと思います。それではまた~ (´∀`)ノシ 

タイトルとURLをコピーしました